社内の様子が、ここ1.2ヶ月で大きく変わっています。詳しくはかけませんが、悪い方です。私の部署は大丈夫ですが、他の部署です。様変わりというか…。

問題点は色々ありますが、わたしが思う最大の問題点は、スタッフが組織観点で育っていないことだと思っています。

各部門が1組織としてどうあるべきか、各部門が会社という組織の中でどうあり、何を目指すべきなのか。目指した先には1スタッフとして何があるのか。

個々の能力は低くないし、各スタッフ責任感も普通にあります。ただ、組織として成り立っていません。これを1番左右しているのは、リーダーの存在です。

人が育つのは、私は昔から絶対に「気付き」だと思っています。問題点に気付く、改善点に気付く。新しい視点や手法に気付くこと。

自ら考え、気付き、そして自分の責任で実行することで「義務」が生まれます。業務を遂行するだけではなく、「何を生み出すのか」。達成するためには、周りのスタッフの協力が必要となり、様々な視点で物事を見て、考え、実行します。

それが失敗したって、必ずスタッフは成長しています。チームワークが生まれ、自ら考えるクセがつきます。そして、一度でも成功体験が得られれば、確実に組織としての形が出来上がる。

その、気付き→考え→行動し→成功(または失敗)の体験フローが今まで全くなかったようです。そしてそれを導く、「人」や「環境」がないのです(個人的には、人や環境に頼らず自分でやろうぜという考えなのですが、全員がそうなるのは難しいので..)。

とにかく、手っ取り早いからといって、ツルのひと声で物事を進めてはいけない。それが「考えない」クセを生む。自分で考えないから「責任」が生まれず、何かをしなければいけないという「義務感」すら生まれない。

重要なのは、ハンドリングする中間管理職とそのチームワーク。あとは影ながらサポートしてくれる社長です。社長の役割は表舞台にでないこと。ただ、「評価」は大々的にしてあげてほしい。絶対に「やったら損」な空気を出さないこと。

こういう時だからこそ、諦めず粘り強く、沢山のスタッフを巻き込み、色々な人に考えてもらい、気付いてもらう。

何もなかったベンチャーで育ったからこそ思えることなのかもしれませんが。。どうすれば、私とはそんなに関係のない部署のスタッフたちにそう思ってもらえるか。そして、これが終わった時に、このチームのリーダーはどうあるべきか。今は販促と関係ない仕事をメインにしながら、日々考えています。

ぐったり… (ア、本音…)